ハリネズミとれーど

 

FX
日本の金融庁が年金だけでは老後を過ごす事を出来ない事を認め、
経団連が終身雇用が現実的に継続できないと発表!
さらに大手企業では自主退職と言う名目のリストラ祭りとなっている今日。

XM
日本のサラリーマンはどのように老後を考えればいいのか?

金融庁からも公式に「投資」を勧める内容が発表されています。
「労働」や「貯蓄」では豊かになる事は難しく、
「投資」の知識を身に着け、投資によって
個人資産を増やしていかなければならない時代に突入しました。

つまり、今までサラリーマンやOLを守ってくれていた、
「国」や「会社」が、労働者を守れないから自分でやれ!

って事になります。

残酷な現実ですが、
では何をすればいいのでしょうか?

まず初めに、「投資」とは何なのかを知る必要があります。
日本人はあまり意識しませんが、日本の通貨である「円」も
日々、価値は変動しています。

また、近年の物価の上昇は目を見張る物があります。
おじいちゃんの時代に新築戸建てが800万円だったのに、
今では3000万円が当たり前です。

つまり「円」を貯めるだけでは、ほったらかしにしていると
「価値」は下がっている。
と言う事です。


仮に、毎月3万円を20年積み立てたとすると、金利がほぼ0に等しい
預金の場合は 約720万円となります。

では仮に、年利5%で毎月3万円を20年積み立てたとすると、
いくらになるでしょうか?

約1222万円となり、その差は歴然です。

仮に年利20%で運用する事ができれば、
7459万円となり、預金の10倍になります。

この「利回り」を実現するために、「投資」の知識が必要になります。

スポーツに例えると、練習や勉強をせずに勝てるようにはならないですよね?
投資も同じで、勉強と練習が必須です。

100人いて、100人が勝てるスポーツがないように、
投資も他人に勝てないと資産を増やす事ができません。

でも、この記事を読んでいるあなたはラッキーなのかもしれません!

今後、日本のサラリーマンが投資の勉強をしだすのであれば、
早く始める方が有利だからです。

一般的には野球を1年やっている人よりも、
2年やっている人の方が強いですよね?

投資も同じく、経験がモノを言うところがあります。

より、有利に資産を増やすには、

・早く始める
・正しく学ぶ
・複利を利用する

この3点が重要です。